むくみの原因となる主な原因や簡単な対処法について

人間の体は土地の気候や食べ物の影響で、恩恵も弊害も受けることになります。乾燥した気候であれば別ですが、蒸し暑い環境で暮らすときには、水分過剰でむくみの症状がひどくなる場合も珍しくありません。

人間の体の大部分が水分によって構成されていますが、多ければよいわけではありません。

ちょうどいいバランスになることで、本来の自然治癒力が働くようになります。 むくみの原因となる水分は、利尿や発汗によって排出しながら、新陳代謝を促進すれば対処できます。

体の冷えがひどくて発汗が少ない場合には、体を温める食材を食べて、しっかりと汗をかく必要があります。逆に体が常に熱いにもかかわらず、水分が過剰になっているようであれば、体を冷やす作用がある野菜や果物を食べると効果的です。

カリウムが豊富なスイカや梨を食べれば、体のほてりを取り除いて、利尿作用も促進できます。

体の水分も重力に逆らうことはできず、下半身のほうへたまる性質があります。このために、長時間にわたって座り仕事をする人は、下半身のむくみで悩まされることが多くなります。座り仕事が長いと運動不足になりやすいですが、途中でストレッチをすれば対処できます。ストレッチによって体幹の乱れを整えて、血液の流れも改善させれば、むくみも予防しやすくなります。 むくみの症状に対処するためには、むくみサプリを飲んだり、入浴とマッサージを交互に行うことも有効です。

入浴によって発汗が促進するだけでなく、血液の流れもよくなります。体の中で停滞していた水分を動かすことになり、良い刺激として伝達することもできます。夏の時期でも湯船で汗をかくようにすれば、よい汗をかけるようになります。

マッサージではツボを刺激することで、気血水の循環を促進して、停滞した状態を改善させます。

マッサージも有効ですが、簡単なツボ押しでも同様にむくみに対処できます。

むくみに有効なツボとしては、下半身にある足三里やヘソの付近にある天枢などがあります。